例えばうつ病を放置すると

例えばうつ病を放置すると

うつ病を初めから自覚している人などいないからこそ

精神をきたすことになるうつ病ですが、その症状をはっきりと自覚してもしかしたら自分はうつ病なのかもしれない、と思うまでには時間を要します。まだ具体的な症状も出ていない段階で自分は将来的にうつ病なんだと、未来観測過ぎる発言を出来る人などいるわけありません。自分が今後発症することになる病気を事前に知ることが出来れば苦労はないでしょう、だからこそ病気の症状が表面化することでようやく病気と向き合っていくことになります。

そこまでは良いでしょう、自分の容態が何かおかしいと自覚しており、また自己診断ながらもしかしたらの可能性でうつ病ではないだろうかと仮説を唱える事はできます。そうなったら本来真っ先に医師の元に駆けつけて正しい診察と治療の下で今後の対応と治療について話し合っていく、これが一般的なうつ病を発症した人の順当な治療段階となります。しかし自覚症状が出始めたからこそ、自分がまさかうつ病になったなどと信じたくないとして、体の中で起こっている異常をその場しのぎの薬でごまかしている人もいます。それでは治るものも治らない、という問題で収まりません。どんな病気でも一度はキチンと適切な治療を施さなければなりません。擦りむいた傷口から雑菌が侵入してしまい、その菌が体の細胞を壊死させるような成分が含まれている可能性も、無きにしも非ずです。うつ病もそうです、まだ初期症状の段階と診断されたなら悪化する前に治療をするに越した事はありません。

ですがここではたらかなければ自分の生活、家族の生活がままならないことになってしまうと考えている人もいるでしょう。確かに一家の大黒柱となる人がうつ病を発症してしまうと家族の生活基盤に大きな支障をきたすことになります、由々しき事態である事は間違いありません。ただだからといってうつ病であることをひた隠しにして仕事を続けても、今の社会システムでは仕事ができないと烙印を押されかねません。真面目に勤務している人であればあるほどうつ病になりやすい言われています、責任感やその他様々な感情から仕事を疎かにすることはできないと考えている人もいますが、決してうつ病を放置するようなことをしてはいけません。

すり減らされながら働くのが、仕事ではない

うつ病患者が治療を行っていくためには、やはり第三者からの言葉などで治療をするべきだと促さなければなりません。自覚している人であればあるほど、うつ病なんてものに負けてたまるかと無駄に力みすぎてしまいますが、結局それまでの作業用量と異なった働きしか出来ないため、それが継続すると自分を卑下することになります。どうしてこんなことも出来ない、今までは簡単だったのに出来なくなってしまった、自分は社会にとっていらない存在なのではないだろうか、そんなどす黒い観念が心の奥底から湧き上がってきてしまい、最終的に自分はこの世界にはいらない存在なんだと、ありもしない事実に意志が折れてしまい自らの命を絶ってしまう、実際にそうした事例があることが怖いところでしょう。

上記のようなうつ病の悪化する要因となる例として考えると、これは現代社会には良くあることではないでしょうか。特に働き盛りの世代においてはそれまでの知識などを生かして更なる利益を出すためにはどうしたらいいのか、またそれだけの生産性と利益を出せるように努力しろと、企業上層部からの圧力が掛かっていくことでしょう。中間管理職、企業に入っていまだに要領を掴むのに必死ながらもがいている新人社員など、何処にでもあるような世界の中で疲弊してしまい、無理をして頑張った結果にはうつ病と診断されてしまい、退職を余儀なくされてしまうケースも、ここ数年の間では何処にでもあるような話でしょう。笑えませんが、これが今の日本社会における企業体制の一角となっています。

疲れたから一度休みを取りたい、そう考えて有給休暇を申請して休んでいる暇があるなら仕事をしろと罵声を浴びせるところもあります。疲れているからこそ休まなければならない、それなのに疲れているなんて言葉で休めるわけないだろうと、さも当然のように使う人がいることが残念で仕方ありません。キチンと労働力を休ませなけばならないのも、仕事において最も重要な要素です。そんな大事な部分がぽっかりと抜け落ちているために、現代においてうつ病は頻発している原因と考えられると見ていいでしょう。

周りがサポートすることで最悪の事態を回避できる

自覚している人もそうですが、実際に症状が悪化したとしてもうつ病であるなどと理解することが出来ないという人もいます。そうした人はまず自分の中で起こっている異常事態に対して気付いてないケースがほとんどとなっています。それまでにできた仕事もできなくなってしまい、自分はどうしようもないダメな人間だと、そういったことを考えて自殺するしかないと、選択肢が一つしかない状態までに追い込まれていることが多いのです。

そうしたとき、誰が患者を助けられる可能性があるのかという話をするなら身内など、患者と親しい人物がその人の変化を察してあげることが重要となります。変化の兆候としては、先ほど申し上げたようなうつ病の代表的な症状に当てはまるのが複数あるなら、それはかなり高い可能性で精神をきたしていると見なしていいでしょう。サインは意外と身近な部分で感じ取れるようになっているわけではなく、それまでに感じた事のない違和感ともいえる些細なモノとなっていることが多いです。目に見えての変化がない状況ならまだ初期症状の段階であると推察することが出来ます。

身近な人が最近様子がおかしいと感じることがあると思っている人がいるなら、それはうつ病患者からの助けを求めるサインだということを理解して、見逃さずしっかりと好きあげるようにしてあげましょう。

現代の生活習慣病である、うつ病について考えてみる

現代の生活習慣病である、うつ病について考えてみる