周りが理解を示さなければいけない

周りが理解を示さなければいけない

うつ病なんて知らない

うつ病について話を進めていきましたが、患者一人だけでは症状を克服することはできません。療養中は単身治療に励むことも大事ですが、やはり周囲にいる人の力を借りていくことで、心の支えとして行く事が出来ればできるほど回復も早まることでしょう。

『うつ病なんていったってどうせ嘘なんだろう』、『ただの甘えだろうが』、『そんなことをいって本当は仕事をしたくないだけだろう』、などと辛らつな言葉をぶつける身内がいるかもしれません、うつ病の治療には家族の理解を得られなければその先はありません。このような言葉を投げかけてくる家族と共に生活をして休息していけば回復するわけありません、むしろもっと精神を蝕まれることになるのは目に見えます。人から見れば怠けているだけで似すぎません、でもそれはあくまでその人が表面的にしか患者のことを見ていないからに過ぎないのです。一番苦しいのは患者本人であることを理解していなければ、治るどころかますます本人を追い込んでしまいかねない結果を招き寄せることになってしまうかもしれません。

もしも家族の誰かがうつ病になってしまった場合、家族は患者に対してどのように接していくことで正しく、回復を促していくことが出来る対応とは何なのか、うつ病では患者の家族もうつ病患者に対する対応を学ぶ必要があるのです。

うつ病患者との接し方について

自分の家族、それも一家の生計を支える人間がうつ病になってしまったなどという状況になってしまったら、それこそその後の生活そのものが暗雲立ち込める事は確実です。怒り狂い、本人に対して罵声を浴びせて更に追い込んでしまうこともあるかもしれません、ですがそれはかえって患者を更に追い込んでいくだけに過ぎないのです。甘えなどというレベルで考えれられる問題ではない、今でこそ現代特有の蔓延している精神病として知られているそれを克服するためにも、まずは家族がありのままに受け止めてこれからどうしたらいいのかを共に模索していかなければなりません。

そうした際、これまで当たり前のように接してたコミュニケーションでは患者の心を抉るようなことになるかもしれない場合もあります。今まで平然と言っていた些細な言葉で患者の心に怒りをともしてしまう、何気なくいった言葉を誇張しすぎてしまって知らないうちに追い込んでしまう、といったことにもなりかねません。普段から人同士の関係で言葉の選び方を間違ってしまうと関係が悪化しかねないということもあります、うつ病患者はそんな言葉を一言使うだけで患者をどうしようもないほどにどん底へと叩きつけてしまいかねないのです。

ではどのように接していけばいいのか、話し方などについて簡単にまとめたが次のようなものです。

具体的な接し方

  • 患者本人の話を良く聞き、理解と共感を示すように心がける
  • 本人の話よりも、感情面を重視して汲み取る
  • 本人の問題に巻き込まれる事はあったとしても動揺せず、人間としての温かさを持って受け入れるようにする
  • 患者自身の味方である事を告げる
  • 病的な部分を指摘するのではなく、健康面を常に評価する
  • 支える側としても、患者本人を焦らせるようなことはせず、忍耐を持って共に頑張っていくだけの気概を持つ
  • 患者本人を刺激しないように、自分の感情を制御するように心がける

カウンセリングマインドという手段

うつ病患者にとって必要な接し方として例を挙げたこれらは、『カウンセリングマインド』と呼ばれています。ですが先ほど紹介した上記の手段だけを気をつけていれば良いという訳ではなく、さらに家族としては気を付けなくてはならないことがあります。それは患者本人に対して使ってはいけない言葉というものがあるからです。

うつ病を患っている患者本人は自分が病気であるという自覚などほとんどありません、それなのに病院からの正式な指示などもなく休養を促すことが禁句となっています。また、叱咤激励といったことを言葉を投げかけることも、患者の精神に対して更に負荷を掛けることになってしまいます。言葉を選ばなければならないとはいいますが、うつ病と診断された人には細かな接し方についても裁量を払っていかなければなりません。

言葉は時として人一人を殺すだけの武器となります、特に精神をきたしている人であればあるほどその言葉の鋭利さは患者の心を突き刺します。傷つけるつもりでいったわけではないのに、励ましもその人の心を傷つけることになるとなったら、どうすればいいのでしょう。効果的な方法として、患者本人に希望を持ってもらえるように言葉を投げかけ、不安や絶望に苛まれないように支えていくことで、患者本人を助ける手立てとなるのです。

現代の生活習慣病である、うつ病について考えてみる

現代の生活習慣病である、うつ病について考えてみる